実用新案と特許

実用新案と特許との違い

実用新案は特許により保護される発明の中でも小発明である考案を保護することを目的にしています。

このため実用新案では保護対象を物品の構造等に制限しています。特許の対象であるプログラムの発明、方法の発明、医薬品や組成物の発明等は実用新案の対象外です。

また実用新案の場合は保護対象が物品の構造等ですので図面に表現することができます。法律的には正確ではありませんが、図面で表現できるものは実用新案の対象となると考えると分かりやすいと思います。


実用新案の場合は審査を経ずに登録になり実用新案権が発生します。これに対し特許の場合は審査を経て特許権が発生します。やはりしっかりした権利を得たい場合には特許を選択する方がよいでしょう。

実用新案の場合には審査はないのですが、実用新案技術評価書によりその実用新案登録が有効か無効かを判断してもらえます。

登録要件を満たしているかどうかの判断基準は事実上特許の場合と変わりません、このため実用新案の方が権利化の基準が低いと考えるのは間違っているともいえます。審査がなくて権利が発生する分、登録までの期間が短いというメリットはありますが、権利の有効性の判断基準は低くはない、と考えておいた方が無難です。

実用新案の場合は出願から数ヶ月で権利が得られますので、内容を見直して補正する期間が短いことにも注意が必要です。このため出願前に十分に出願内容を見直すようにしましょう。

実用新案で行くか、特許で行くか

実用新案で行くか、特許出願で行くか迷った場合にはとりあえず特許出願しておくという方法もあります。一定の手続制限が存在しますが、特許出願から実用新案登録出願へ変更することが可能になるからです。

特許事務所関係のサイトのリンク集です。

実用新案と特許のRSS最新関連速報


実用新案と特許の外部RSS参照リンク

    
  • [費用] 出願前には商標登録の費用 料金 手数料の解説を確認しておく必要があります。ところで...